残業と社員の健康

企業で働く女性は一昔前よりも多くなっています。現在の日本の企業の従業員に対する傾向には二極化の様相が色濃く反映しているようです。業績が悪くなると雇用調整の名のもとに希望退職を行なったり、リストラ部屋を設けて不要のレッテルを貼った社員を排除しようと躍起になったりします。失業者の増大を招く一方で多忙な社員は人員削減された社員の分まで働かかなければならず毎日の残業が常態化しています。毎日の残業が常態化してしまった社員の生活は食生活に表われます。仕事帰りにコンビ二へ寄って弁当やつまみを買って深夜缶ビールとともに食べてしまうということが習慣化します。この食生活はメタボリックシンドロームへ一直線で健康診断ですぐ結果が分かります。美容やダイエットどころではありません。要再検査の判断が下され医歯薬系機関で治療を受ける羽目になります。高血圧や高脂結晶は脳梗塞や心筋梗塞の要因になります。多忙化してしまった生活を改善することは仕事との兼ね合いもありなかなか難しい面もありますが、健康があって充実した仕事にこなすことができるのですから自ら率先して心掛ける必要があります。
また残業の連続でうつ病になり自ら命を絶つ人がいます。過労死として遺族が会社を相手に訴訟を起こし勝訴するケースが多いようですが企業も社員のメンタルヘルスに配慮する機運が高まりつつあります。
企業も従業員の健康があってこその業績向上が望ましい姿だと思います。現政権が掲げる景気回復を軌道に乗せるためにも是非実行してもらいたいと思います。医歯薬系機関の世話になる機会は少ないに越したことはありません。ライフワークバランスを保って心身ともに健康であるのが一番です。
何か悩みがあるかたはこちらを見てください。>>women-counseling.org<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Nothing Found

It seems we can’t find what you’re looking for. Perhaps searching can help.